京つう

  ビジネス/起業  |  北区

新規登録ログインヘルプ


京都で、おミセ/店舗の開業をご予定されている方にとって、役立つ情報をお届けしていきたいと思います。

2010年05月27日

松永享子 OP その2





先日お知らせしていた 松永享子 展 ”Observation Points” におじゃましてきました。

子供たちがギャラリーのオーナーとたわむれていたり、お茶をいただいたり、偶然来られた作家とお話していたり、、 いろんな角度から作品をみることで、また新しい一面が現れてきました。

現代美術のキーワードの一つにインタラクション(相互作用)ってのがあるけど、鑑賞者の反応に感応するようなアクティブな作品もあれば、松永作品のようにパッシブなものもある。

作品となって現れているものは、誰もが体験しているものでありながら、ほとんどの人が見落としている、言い替えると、見えているけど意識されていない、日常の断片。

そんな断片の集積が、この世界をつくっていて、実は、その断片の拾い上げ方や組み立て方が、世界を違ってみせている。

松永作品では、その「モノ」の世界と、それをみる僕たちとの、双方の間の不確かな関係を、蝋(ロウ)のもっている、見えながらかつ隠れる半透明の素材感が暗に示しています。(もちろん、管理人の勝手な解釈です)


おもろい。
やっぱり、彼女は変なヤツだった。。




今日から土曜日くらいまでは、作家も在廊しているみたい。

それから土曜日の夕刻からは作家を囲んでパーティも予定されています。



会場では、作家自身の手による 幾つかの”ブック”も手にいれられますので、ゼヒともこの機会をのがさずゲットしてくださいね。

ちなみに、ワタクシは、左の写真のような(思い込みですけど)フランス伝統色の名刺入れを頂きました。

なくさないように、首から掛けられるヒモをつけてもらわんとアカンかも知れない。。


TANADAピースギャラリー


松永亨子ブログ 
Posted by mi-se kyoto at 11:21│Comments(1)
この記事へのコメント
いつもブログ楽しみにしています。tomsworksと申します。

この度、当社運営のブログランキングサイトを開設いたしましたので、
ランキングにご参加いただければと思いコメントを送らせていただきました。

以下のアドレスからアクセスできますので、ご興味がございましたら
是非ご参加をご検討ください。

住まいるブログランキング URL: http://www.suma-blo.com/
当サイトは4月22日に開設したばかりですが、
先日、登録者数が300件を突破し多くのご参加をいただいております。
昨晩までの閲覧ページ数は189,000ページを越えました!

どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by tomsworks at 2010年05月28日 14:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。