京つう

  ビジネス/起業  |  北区

新規登録ログインヘルプ


京都で、おミセ/店舗の開業をご予定されている方にとって、役立つ情報をお届けしていきたいと思います。

2009年12月11日

ラビリンス



明日(12日)から18日まで、京田辺市の TANADAピースギャラリー で、フェルト作家の木村奈央作品展「ラビリンス」が開催されます。

くわしいことは ココ から 

まっしろな空間のなかに、千の蝶が舞う そんな展示だと聞いています。

フェルトという素材を、それを練り込み、かたちをつくっていくプロセスは、決して豊かではない国の最果ての地域の方々にも、現代日本に住む僕たちにとっても、ほとんど変わるところがない。

そんなフェルトの、みんなにとっての平等さは、その作品であったり商品が、還元される誰かの手が、やはり僕たちの手と違っていないから。

一人の手から羽化し、やがて飛び立っていく千の蝶。 想像すると目眩がしそう、、 

幻覚と現実の交錯するラビリンスへ、ゼヒお出ましください。


Posted by mi-se kyoto at 17:13│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。