京つう

  ビジネス/起業  |  北区

新規登録ログインヘルプ


京都で、おミセ/店舗の開業をご予定されている方にとって、役立つ情報をお届けしていきたいと思います。

2009年11月18日

ルネ・ラリック × 岸 勝人





昨日、ギャルリーオルフェさんで開催されていた「ルネ・ラリック × 岸 勝人」特別コラボレーション展を拝見してきました。 

岸勝人さんは 京つうでもおなじみ ですね。

つらつらと花生けて 


岸さんの手になる花を、はじめて(ゴメンナサイ)目の前にして、花器と花々との取り合わせの妙に感心することばかりでした。



オパルセントガラスの不定形で柔らかい光りを発しているウツワには、ふわっとしたツバキをそっと投げ入れてあったり(下の写真ネ) おおぶりのデコラティブな花器には、カタチや色がはっきりした強い印象の花を西欧風に(写真ナシ、、)などなど



ガラスの棚を若々しい青竹が貫通したかのような、ショーケースの中のニワ、そんなしつらえも現代的で清々しい気持ちにしてくれました。




お話しを聞くと、岸流に花を生けるポイントは2点。(ホントか、、)
つくり過ぎないこと、それに、花の声を聞くこと。

もっとも、花の声はジッと時間をかけて聞くのではなくて、花が話したいようなリズムを生け手(=岸さん)がつくってやって、ポンポーンと対話されていました。ホントに花のことを知っていないと出来ないことですね。


長い時を超えてきたウツワと、今この一時に咲く花とが、互いに緊張感をもってバランスを保っている、まさに時空を超えたコラボレーションを堪能させて頂きました。

岸さんありがとうございました。



Posted by mi-se kyoto at 17:14│Comments(2)
この記事へのコメント
mi-se kyotoさん こんばんは。

先日はご高覧ほんとうに ありがとう ございました。

オルフェさんの空間は、ラリックの器がいつも
絶妙に展示され完成されたところです。

そこに花という要素が加わることで、はたしてどんな風に
なるのかしらとすこし不安でもありました。

私の生けた花というよりも
花自身の持つ、他のものでは表現できない
生命感ある美しさを
私自身も改めて感じた展示会でした。

また、お花のことで何かありましたら
お声をかけて下さいませ。今後ともよろしくお願いします。
Posted by Fairy 岸 勝人Fairy 岸 勝人 at 2009年11月18日 19:06
おつかれさまでした。 コメントありがとうございます。

>花自身の持つ、他のものでは表現できない
>生命感ある美しさを

会場でおっしゃったように、ウツワに添わせることで、花がもっている
生命感、それが躍動している様が、素直に現れてきている、 変わらないものと一瞬いっしゅんに動くものとのコントラストが鮮やかだったのでしょう。  思い返すと、そのようにも感じます。

ブログにもまたオジャマしますー
お聞きした1日限りの贅沢な催しも期待しています!
Posted by mi-se kyotomi-se kyoto at 2009年11月20日 10:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。