京つう

  ビジネス/起業  |  北区

新規登録ログインヘルプ


京都で、おミセ/店舗の開業をご予定されている方にとって、役立つ情報をお届けしていきたいと思います。

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2010年04月28日

いろにでにけり



大むかし

日本人には、4色だけしか、「色」の名前がなかったとさ。

シロとクロとアカとアオ。

察しのいい方は分かると思うけど、方位とか五行とかの考え方と一緒に、大陸から渡ってきたんだろうね。


もちろん、他にも「色」はたくさんあったけど、その呼び名は、染料とか顔料の。

例えば、写真の空は、どんなイロかって言えば、群青色とか千草色。
そんな風に、モノと見え方(現れ方)とがゴッチャになった、昔のシゼンな捉え方をしていた。


いろにでにけり、と詠まれた頃の いろ っていうのは、
今の「色」っていう概念ではなくって、たぶん、「状態」とか「状況」を表していて、そして「ケハイ」とか「き(ケ)ざし」に通じるそんなもんだったんだと思う。

だからこそ、内面の衝動やゆらめきを、うつすような何かの いろ に心引かれ、それをコトバに書きとめておこうとしたんだろうね。





さて、

この頃は、便利になって、そんな心うち震えた時には、手元の携帯がしっかり記録してくれる(ハズ)

ちょっと前、それはアナログのカメラだった。

アナログがデジタルになって、その可能性も大きくなったけど、片方では失われているものも沢山あって、これから忘れ去られるだろうってものも沢山。

でも、それは考え方次第だし、デジタルだからこそ、沢山の人が楽しんで「状態」や「状況」を書きとめられるようにもなってきているんだよね。




   こじつけみたいですけどー

そんな過渡期の、忘れ去られないその前に、いろにでる(ポジでない)前のアナログのフィルム(使用後の)を、持ってきてはくれまいか? 

   どこに??  って あなたは ここ ↓ に。

  http://ameblo.jp/as2blg/entry-10514971723.html


 フィルムご持参の方には(実はご持参でなくても)フィルムを素材にした「ジュエリーのかけら」をお持ち帰り頂けます。

  アクセスは こちら ↓ 
 http://misekyoto.kyo2.jp/e196357.html




  

Posted by mi-se kyoto at 14:29Comments(0)

2010年04月20日

jewelry jewelry



先日お知らせした AS2 Spring にかけて、ジュエリーネタです。


今回紹介するのは、エシカル(倫理/道徳的)なジュエリーを制作している『HASUNA』

  エシカルっていう意味は、、、

 ジュエリーの材料になる鉱石や宝石の原石を採掘している現場は、過酷な環境と劣悪な労働条件に今なお覆われていて、そんな一次労働者からの搾取も少なくない。
一部の宝石は武器輸出の対価として取引されたものであるなど、流通経路やその由来に影が落ちてもいる。
多くジュエリーは、セレブリティの自己顕示欲が求めるものであった。
 
  そんな状況へのアンチテーゼ(すなわちエシカル)として、ジュエリーをそれを身につける人やそれを取り巻く人たちを笑顔にする、もっと純粋でクリアなものとして捉えてみるー 
               そんな取り組みをしています。
         (平たく言い過ぎたかもなので、詳細はHPを参照くださいませ)


一次労働者(材料の採掘者)と、研磨され再構成された宝石のあつまり(ジュエリー)を身につける人との、富の格差が大きければ大きい程に、その宝石たちは輝きを増すという、まさに非倫理的な関係性がそこにはあって、それ故に、ジュエリーはそうであり続けてきたという歴史があります。
でも、ジュエリーの概念は広がってきて、限られた宝石のみがその任にあたらずとも良くなった今、それらの材料である、牛の角も、ダイヤモンドも、時にフルーツもがフラットに扱われる。
ジュエリーそのものはもちろん、ジュエリーをみる僕たちの目も少しづつ変わっていけば、楽しくなるハズ。

『HASUNA』HP
http://www.hasuna.co.jp/


そんなHASUNAもサポートしてる「お母さんの命を守るキャンペーン」
http://www.unfpa.or.jp/mothers/
是非サポーター登録を!


もちろん 次回 AS2 も よろしゅうに
http://ameblo.jp/as2blg/entry-10509371016.html



  

Posted by mi-se kyoto at 20:42Comments(0)

2010年04月16日

AS2 Spring 2010




次回 AS2 Spring は、 新進のジュエリスト 中村ゆき子を迎えて。



ジュエリー、それともジュエリーみたいな何かと、

当日訪れた方々との、 ミシン台の上の出会いのようなものがあるー

そんな会場そのものがインスタレーション。


見るだけではなくて、そこに入り込んで、それを眺める誰かの眼差しのなかに

映り込むこと、

そんな、見る、見られるって関係には、時としてジュエリーの働きは大きいし、

今回の作品は、過去の作家の眼差しが映りこんでいるフィルムが素材にもなっている。


おそらく、ここでの時間がもう一つ折り重なって、次の作品となって帰ってくるのだろう。



 さて、そんな AS2 Spring の会場は

日時:2010年4月29日(祝)12:00-21:00
会場は;アンティークきものや 
地図は コチラ から 

 以降の詳細については ココ をご参照ください。

  関連ページ;http://ameblo.jp/as2blg/entry-10509371016.html


お酒とおいしいアテ、そして中村氏本人がお待ちしています。




 


  

Posted by mi-se kyoto at 21:56Comments(0)