京つう

  ビジネス/起業  |  北区

新規登録ログインヘルプ


京都で、おミセ/店舗の開業をご予定されている方にとって、役立つ情報をお届けしていきたいと思います。

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2010年03月05日

関西デザイン撰




近畿経済産業局が策定した「関西デザイン撰」が公開されました。
自治体等から紹介されたものの中から、デザイン性、海外通用性、製品の特徴、そして地域性の4つの観点でもって、「関西デザインマップ審査委員会」(ちなみに委員長は喜多俊之先生)が選定した、いわば現代の関西を代表する”プロダクト”が、107件に渡って掲載/紹介されたものです。

関西デザイン撰 ↓ (pdfファイルが開きます)
http://www.kansai.meti.go.jp/3-2sashitsu/design/21fykansaidesignsen/kansaidesignsen.pdf

その中身はというと、ジャムから電車まで、(なんかそんな比喩が昔あったなぁ)幅広く取り上げられていますが そこで多くみられるのは、やはりというか、伝統的なものを現代の技術でリファインする試みです。

例えば、地元京都の企業の日吉屋サン。
こちらは和傘の製造をされている会社です。クレジットされたのは、その和傘の製造技術を生かした照明器具。(左がソレの一部;関西デザイン撰パンフより引用しました)

なるほど、和傘のエッセンスを感じることのできる、ユルメのあかりですね。

おもしろいのは、下の写真のように折り畳めること。なので、ギフトとしても使える。
畳んだままでもかわいいですね。

そうそう、タタムとかオルとかって、昔の日本の良い習慣&生活。一つのものを色んな場面で生かしたり、一つの場所をいろいろに使ったり。
技術の再発見は、そこにあった暮らしを見直してみることにもなるよねー



  続きを読む

Posted by mi-se kyoto at 09:50Comments(0)