京つう

  ビジネス/起業  |  北区

新規登録ログインヘルプ


京都で、おミセ/店舗の開業をご予定されている方にとって、役立つ情報をお届けしていきたいと思います。

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年12月17日

ラビリンス2





先日お知らせした 木村奈央「ラビリンス」
みてきました。

見るって いうより 観る です。 体験して感じる=インスタレーション。


室内は全て白。その中に漂う千の白い蝶。

白という色のなかにある様々な濃度がそこに現れていて、

simplicity but complexity  というのかなぁ 

単純な要素なのに、それが複雑で多様なふるまいをしているのは、なかなか心地がイイ。



昔、近代から現代へ至る過程で建築の世界では、「complexity and contradiction」という名著(と一般に言われる)が編まれた。

ここラビリンスでみえる多様性=complexityと、著作のなかのcomplexityの意味とは少し違っているけれど、

ミニマムに抽象化されすぎな近年のデザインは、少し貧しいかなー という気分が、そろそろ皆さんに漂ってきている気もする。

かと言って、いろんなものを詰め込むんじゃなくって、数限られた要素で、それが見る位置や時間帯によって違ってみえたり、光の当りかたで輪郭がぼやけたり、そんな「現象」が絶え間なく揺れ動く、 そんなのがイイ。


「ラビリンス」会期はいよいよ明日まで! 

 お急ぎあれ。  会場など情報は ココ

 
  

Posted by mi-se kyoto at 10:47Comments(0)