京つう

  ビジネス/起業  |  北区

新規登録ログインヘルプ


京都で、おミセ/店舗の開業をご予定されている方にとって、役立つ情報をお届けしていきたいと思います。

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年10月23日

松永亨子 in AS2



AS2 2009年の秋は、現代美術作家 松永亨子をむかえた1日。 松永亨子ブログ 

彼女の作品を勝手に解釈してそのテーマを探ると、日常を記録する(折り目正しい)非日常の視線、と言えるでしょうか。

コンセプトを失った後の作品そのものの完成度を思うために(?)作品制作の技術を高めておられるようで、その姿勢には何か伝統的な形式のようなものも感じさせます。

それでいて、いわゆる「形式」にとらわれることなく自由で透明感のある作品が生まれています。

会期;平成21年11月22日 正午頃から午後8時頃まで
会場は;アンティークきものや 
地図は コチラ から 

詳細については、AS2ブログ で随時に新しい情報が発信されるハズです。




新作にあわせて、これまでに作成された「本」の作品がいくつか予定されているとか。秋の季節に合わせた「食」も今回のテーマですよね。
(上の写真のものは、これまでの作品で当日展示されない場合があります)



「本」と言えば、【 THE LIBRARY ー 本になった美術 】と銘打った現代美術作家の作品展が静岡市の静岡アートギャラリー
で開催中です。
松永さんも出展中です。

現代美術好きのみなさんはもちろん、本好きな京都人は、お近くに行かれる機会があれば是非!  続きを読む

Posted by mi-se kyoto at 09:43Comments(0)